About

サイバーレジリエンス構成学研究室は2017年1月に門林教授により設立されました。本研究室の前身は山口英教授によるインターネット工学研究室です。すぐる先生のスピリットを引き継いでインターネット工学研究室の略称であった IPLab を本研究室の略称としても使い続けています。設立当初は情報科学研究科に所属していましたが、2018年4月の改組により先端科学技術研究科 情報科学領域に所属が変わりました。

IPLab はサイバースペースおよびそれを構成するインターネットを高度化し、レジリエンス(靭性、柔軟性、効率性など)を向上させていくための実証的な技術開発と、社会に対する積極的な技術移転を目指す教育・研究を行います。そのためにIPLabでは主にセキュリティ、インターネット、ソサイエティの3つの観点から研究に取り組んでいます。「セキュリティ」では、セキュリティ標準化や、マルウェア対策、フィッシング対策、フォレンジック、IoT、Security by designなど、「インターネット」では、DDoS、IPv6移行技術、ソフトウェアネットワーク(SDNやNFVなど)、無線ネットワーク(WLANやLPWA)、IoTなど、「ソサイエティ」では、セキュリティ情報共有、サイバーセキュリティ教育、UAV(ドローン等)などが近年の研究キーワードです。ただし、これらのキーワードは一例にすぎません。我々はあらゆる技術分野を研究対象としています。また、教育活動では、国際的なセキュリティコミュニティ形成のための国際会議や、研究室内での最新技術勉強会を企画しています。また、ハードニングやIT-keys、enPiT-Securityなどのプロジェクトに参画し、学生をはじめ社会人へのセキュリティ教育に貢献しています。

IPLab での博士前期課程(修士)や博士後期課程に興味がある方は学生募集のページをご覧ください。IPLab では学生に沢山のチャンスを提供します。国内からの短期・長期のインターンも受け入れできますので、お気軽に連絡してください。

What's New?

  • 2019年3月24日 : 新しいウェブサイトを公開しました。

ラボでの生活 (ブログ)

Eunity Workshop Project

2019年4月26日に京都でEUNITY Project Workshopが開かれました.iplabからは門林先生とDoudou先生が参加し,学生からも6名が参加しました.

Read more

歓送迎会

歓送迎会を開催しました。 研究室メンバーと IPLab に興味を持つ学生が参加しました。 帰国する留学生の Nissy さんの送別会も同時に行われました。

Read more

Recent Activities